需要と人気の高さ

Web上のデザインを構築するデザイナー

ウェブデザイナーとはWeb上のさまざまなデザインを行う職業のことです。具体的には、ホームページデザインの構築であったり、Flash動画の作成、写真やイラストの加工などの作業を行う職業です。ウェブデザイナーの仕事はさまざまなソフトウェアを駆使して行われます。そのため、ウェブデザイナーとして活躍するにはWeb系のソフトウェアを中心とした豊富な知識が必要となります。Web系の資格を取得するということは、自分のWeb知識のレベルを再確認できるという意味もありますが、どの分野を極めればよいのかという今後の指針にもなります。ウェブデザイナーの仕事を続けていくには、ネット社会は日々進化しているので、古い知識のみならず新しい知識が必要になります。また、注目が高まりつつあるfusion360はデザイナーにとって欠かせないツールです。無料で利用が可能なので、fusion360で仕事の質の向上を試みると良いでしょう。

ウェブデザインの資格

ウェブデザインの資格と一言に言っても実にさまざまなものがあります。Webデザイン初心者の方には「ウェブデザイン技能検定」がおすすめです。いくつかの急が設定されているので、段階的に資格を取得していくことができます。ホームページ作成に力を入れているのであれば、「Webクリエイター能力認定試験」はいかがでしょうか。実務を想定した試験内容になって、現在の自分の能力を試すことができます。総合的な資格がほしいなら、ウェブデザインだけでなく、ビジネスやマーケティングなど商業的な分野の知識も問われる「JWSDAWebデザイン検定」がおすすめです。特にフリーランスの場合、ビジネススキルは必要ですので、資格取得に向けて勉強してみるのも良いですね。

パソコンを使って作る

IT

日本ではコンピューターが出来た事が影響してウェブデザイナーの仕事をしている人がいる。ウェブデザイナーの資格を取りたいのなら、セミナーやスクールにあらかじめ通っておくと良いだろう。

詳細を確認する...